1DAYセミナー 究極の仏像:国宝神護寺薬師如来像の謎と魅力―東京国立博物館『神護寺』展を記念して

1日で旬な美術展の見どころがよくわかる!気軽に楽しめる1dayセミナーです。
受講方式
残り21席です
3,900円(内税) 定価:3,900円(内税)

こんな方におススメ!


■神護寺展をもうちょっと詳しく知りたい
■京都に旅行をしたい
■禅宗文化に関心がある
■神社仏閣に興味がある

「1DAYセミナー」について


各美術館で行われている旬な展覧会を一つピックアップし、
展覧会に出品されている作品の魅力を担当講師がわかりやすく解説♪
出品作品のすべてを網羅的に解説することは時間的に難しいですが、
展覧会のテーマや根幹を成す作品を中心に、展覧会鑑賞をより楽しい時間にします☆

日程


2024年8月3日(土)



セミナー概要


究極の仏像:国宝神護寺薬師如来像の謎と魅力


―東京国立博物館『神護寺』展を記念して


 神護寺(じんごじ)は、京都市街の北西、愛宕山山系の高雄山の中腹に位置する山岳寺院です。
奈良時代後期、和気清麻呂(わけのきよまろ)が建立した高雄山寺を起源とし、
天長元年(824)に弘法大師空海によって、別の和気氏の氏寺神願寺と合併されて成立しました。
 奈良時代末期から平安時代初期に制作された本尊の薬師如来立像は、
全身を一材から木取りして、奥行きも厚く、さながら四面体の面をとおして彫刻したかのような木彫仏です。
特に拝する者を畏怖させるような異相は他に類例をみません。

 この度、上野公園の東京国立博物館で『神護寺―空海と真言密教の始まり』展(7月17日〜9月8日)が開催され、
神護寺薬師如来像が寺外に初公開されます。
本講座は、この究極の木彫仏の謎と魅力をじっくり解説します。


開催時間


10時〜12時 

講師


北進一

プロフィール


東洋美術研究家

1963年生まれ。山羊座 A型
和光大学人文学部芸術学科卒業、中国・山東大学留学。
現在、美術Academy&School、創形美術学校講師。
専門は日本・東洋美術史。著書に『アシュラブック』(美術出版社)、『ほとけを知る 仏像めぐりハンドブック』(シンコーミュージック・エンタテイメント)。
共著に『カラー版 東洋美術史』(美術出版社)、『世界美術大全集 東洋編15 中央アジア』(小学館)、『中国世界遺産の旅3四川・雲南・チベット』(講談社)など。

参加費


3,900円(税込)

定員


教室受講 7名 オンライン受講 7名  

受講形式


教室での受講と、オンラインでの受講、2つの形式がお選びいただけます。
※お申し込み時に受講形式を選択してください。

教室


四ツ谷ビジネスラウンジ


住所:東京都千代田区六番町6-4 LH番町スクエア4階

オンライン受講について

 
オンライン会議システム「zoom」を使用して実施いたします。 
普段ご利用いただいているPC、スマートフォン、タブレット等からご参加いただけます。(システム利用は無料です。)

事前の設定について


お申し込みの方々へ当日参加のためのご案内をメールにてお送りさせていただきます。
メールに記載の〈招待URL〉リンクをクリックすることで、zoomが開始され入室のための準備が出来ます。
(スマートフォンでご視聴の場合、予めzoomのアプリをインストールされておくことをお勧めします)

ご受講に際しての注意事項


・講座開始10分前までに「zoom」に入室してください。 事務局側で出席を確認いたします。
 ※間に合わない場合は、必ず事前にメールにてご連絡下さい。
・講座開始後「zoom」に入室される場合は、 入室承認に時間がかかる場合があります。
・出席者の「音声」は授業開始後、ホスト側で「ミュート(消音)」 に設定させていただきます。
・授業開始後、顔を表示させたくない場合は「ビデオの停止」 を設定してください。
・スマートフォンをご利用の方は、イヤホン、ヘッドフォンを ご利用いただくことをお勧めいたします。
・通信費がかかりますので、Wi-Fi環境での利用をお勧めいたします。
・授業の録画・録音・撮影は禁止させていただきます。

見逃し配信をご希望の方


当日の受講は厳しいが、見逃し配信で受講したいというご希望の場合は、お申し込みの際その旨記載ください。

おすすめ講座

興味深い講座をたくさんご用意しております! 新しい学びに出会ってみませんか?

ページの先頭へ戻る