お国とお美術〜美術とナショナリズムの関係を読み解こう。〜

販売価格 29,800円(内税)
在庫数 在庫4席売り切れ必須!!!
購入数

<<こんな方にオススメです!>>
■美術史に関心がある
■社会の動きに関心がある
■美術だけではなく世の中の動きについても関心がある
■美術の役割について考えてみたい
■これからの美術を考えるきっかけにしたい



【2020 5.7 重要なお知らせ】

政府発表の自粛要請延長を受け、5月12日(火)の授業をオンラインでの実施とさせていただきます。
オンライン会議システムzoomを使用、ご参加の方々へ利用方法など個別にご案内させていただきますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
尚、自粛解除後は通常の授業形式にて実施させていただく予定でおります。



2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催を控え、「日本の美」を振興、発信しようという動きが加速しています。

すでに私たちは2020年をゴールとする一連の「日本博」の只中にいますが、この状況を踏まえて、あらためて「日本の美」の根拠を考えてみたいと思います。

「美」と国家が結びつくとき、どのようなことが今まで起こってきたのか、もしくは今何が起こっているのか。
「縄文」や「奇想」は果たしてクールジャパンなのか。具体的な事例を題材に挙げつつお話ししましょう。


<<カリキュラム>>



<<開講曜日・時間>>
月1回火曜日 19:00〜21:00

<<定員>>
8名

<<講師>>
成相 肇(東京ステーションギャラリー学芸員)
1979年島根県生まれ。
一橋大学言語社会研究科修了。府中市美術館学芸員を経て2012年から現職。戦後日本の前衛美術を中心に、複製文化と美術を交流させる領域横断的な展覧会を企画。
主な企画展に「石子順造的世界」(2011-12年)、「ディスカバー、ディスカバー・ジャパン」(2014年)、「パロディ、二重の声」(2017年)など


<<教室>>
四ツ谷ビジネスラウンジ
東京都千代田区六番町6-4 LH番町スクエア5階
<教室地図は右上にあります>

<<ご注意>>
●やむを得ず御欠席の場合、前日までにご連絡いただいた場合に限り、補講用DVDを作成致しますので、安心してご受講いただけます。
●当校講座を初めて受講される方は入学金10,000円が必要です。

Your recent history

About the owner

美術ACADEMY&SCHOOL

講座の詳細をご覧いただけるオンラインショップへようこそ。 さまざまな講座をご用意してアート好きな方々をお待ちしております。 スクールWEBサイトはこちらです。

Blog