2017年美術検定1級対策講座 論述特講クラス

定価 15,120円(内税)
販売価格 15,120円(内税)
在庫数 在庫14席売り切れ必須!!!
購入数

<こんな方にオススメの講座です♪>
■美術検定2級を持っている
■1級の知識に関しては十分である
■文章の書き方のコツを知りたい
■論述に不安がある
■美術の知識を文章化するやり方を知りたい
■1級の受験歴がある

※※※2013年度試験より、出題形式が変わっています!※※※
2013年の試験より、1級の出題は「すべて論述」で解答する形式に変わりました。

美術専門用語、美術館の名前や展覧会名、作家、作品名など今まで以上に自分で書けなければならないキーワードが増えます。
前年までの試験より、より「自分の言葉で美術を伝える」(アウトプット)能力が問われてきます。

〜〜〜
この論述特講クラスは、1級の出題範囲である美術館学の知識やすべての美術用語など知識は十分にあるという方々のための
「美術を文章で書く」ということに特化した内容となっております。
初めて1級を御受験される方、1級の知識部分に不安がある方は、1級対策講座総合コースのご受講をお勧めしております。
〜〜〜

難関の1級。美術の知識のインプットだけで合格できる内容ではなく、知識をどれだけ咀嚼し、客観的に自分の言葉で美術を伝えることができるかを大きく問われてきます。

この論述特講クラスは、学芸員経験があり、アートナビゲーターの資格を有し、現役の大学講師として、大学生の論文などを指導されている講師をお迎えしてお届け致します。
講師自身も美術検定1級の受験歴があるということで、受験に際し必要な心構えやポイントなどもお話しいただけることでしょう。

このクラスでは、既にご自身でお持ちの沢山の美術の知識の中から、どんなキーワードを拾い文章にして行くのか、また文章そのものの書き方、知識のまとめ方、表現(アウトプット)の方法などを学びます。

<カリキュラム・日程>

2017年9月30日(土)

<開催時間>

10時30分〜17時 (休憩30分込み)

<宿題>
事前課題があります。受講当日までに課題をやり終え、ご提出ください。
それぞれ課題はお申込確定時より順次お送りしていきます。
課題に取り組む時間を考えると、早めのお申し込みをオススメしております。

これは、美術に対する審美眼、美術を言葉にしていくというトレーニングです。提出は1つでいいですが、何回も取り組み表現力を鍛えるために、向き合う時間を持つことを推奨しています。

<教材>
美術を知るキーワード を使用致します。

<講師>山貝 征典
1977年生まれ。京都造形芸術大学大学院修士課程修了。
十和田市現代美術館学芸員を経て、現在、清泉女学院大学人間学部・助教。
専門は芸術学、現代美術のキュレーティング、アート・マネジメント。
有限責任事業組合OPEN組合員。

<会場>
四谷ビジネスラウンジ セミナールーム

〒102-0083
千代田区麹町6-2-6 ユニ麹町ビル4F


<申込期限>
9月22日(金)申し込み分まで

<当校の講座を初めてご受講いただく方へ>
当校では初めてご受講いただく方には入学金を申し受けております。
受講生登録をさせていただき、出欠席、補講、他講座の受講、メールマガジンなど、受講生お一人お一人に合わせたサポートをさせていただいております。
※お申し込み時にメールに送られる「ご注文確認メール(自動配信)」には、入学金の記載が入っておりません。

ご注文いただいたあと、当校にて受講歴を確認させていただいた上で、初めての方には2通目の「申し込みありがとうございました」メールにて入学金も併せてお申し受けさせていただきますので、重ねてご確認くださいますようお願いいたします。



Your recent history

About the owner

美術ACADEMY&SCHOOL

講座の詳細をご覧いただけるオンラインショップへようこそ。 さまざまな講座をご用意してアート好きな方々をお待ちしております。 スクールWEBサイトはこちらです。

Blog